樹木葬を利用するには

樹木葬とは、埋葬した遺骨の傍らに一本ずつ樹木を植樹したり、中心に樹木を植樹し、その周りを取り囲むように遺骨を埋葬して、墓石の代わりとする新しい弔い方法の一つです。樹木葬を利用するには、霊園として許可を受けた土地に遺骨を埋葬する必要があるため、自宅や所有する森林などがあっても勝手に埋葬することは出来ません。

産経ニュースはとても人気があり、興味深いです。

また県有林や他の人の私有地などに勝手に入っていき樹木葬を行うことも違法であるため、重々注意することが大切です。

ではどうすれば樹木葬を利用出来るのかと言うと、やはり専門の業者に依頼をするのが一番確実かつスムーズに手続きが行えるでしょう。



近年、一般に広く認知されるようになってきたため、全国各地で樹木葬を執り行う専門業者は増えています。
故人が亡くなった後に家族が手配をするのはもちろん、自分が元気な頃から説明を聞きに行って生前予約をすることも可能であるため、出来れば元気な頃から自分の目で現地を確認して、どのような樹木を植樹するのか調べると安心でしょう。


木の成長していく姿を見ることは遺族にとっての癒しとなり、冷たい墓石の下で眠るよりも遥かに温か味を感じることが出来るでしょう。



そもそも人間は本来死んだ後は土に埋葬され、自然に還ることで他の動植物と同じように命が繋がっていくのです。

残された遺族としても、自然と触れ合うたびに故人のことを思い出し、肌で感じることが出来るため、いつまでも身近に感じることが出来ておすすめです。