これからの主流になる可能性のある永代供養とは

永代供養は、寺院や霊園で永久に先祖の供養をしてもらうものです。


少子化や過疎化の影響によりお墓の存続が難しくなった現代において、新しいお墓のあり方として広く注目を集めています。


現在はこの永代供養を取り扱っている寺院や霊園の数がどんどん増えており、先祖供養の方法としてこれから主流になる可能性を秘めています。

永代供養の方法は寺院や霊園によってさまざまです。

これまでのような個人墓を永代供養してもらえるところもあれば、供養塔のようなところに他の遺骨と共に合祀することで、永久的に供養してもらえるところもあります。

料金は一般的に個人墓のスタイルのほうが高く、他の遺骨と合祀されるほうが料金的には安く抑えることができます。



また個人墓の場合も永久にそのままではなく、一定期間が経過すれば他の遺骨が眠る供養塔などに合祀される場合が多くあります。



ですからどのようなスタイルになるかどうかは事前によく確認しておきましょう。なお最近流行の自然葬と呼ばれるスタイルも、永代供養の一種となります。


海や山に遺骨を撒く散骨はもちろん、墓石の代わりに樹木を墓標とする樹木葬も基本的にはこの種類に分類されます。


自然に還ることが実感できるうえ、残された家族に迷惑をかけることがないので、このような自然葬もこれから需要が伸びることが予想されます。

BIGLOBEニュースの分かりやすい情報はこちらのサイトです。

お墓のあり方は、個人のライフスタイルや人生観を表すものでもあります。

しっかりと考えて、悔いのないようなスタイルを選ぶことが大切です。