なかなかお墓参りができないときの永代供養墓

お墓参りをする人がいない、頻繁にお墓参りができない、そんなとき代わりにお寺が永代にわたり管理・供養してくれるのが、永代供養墓です。現代の都市化、核家族化、少子化を背景にして、近年その数を増やしています。

地域やお寺によっては、他の名称を用いる場合もありますが、基本的に内容は同じです。

永代供養墓には大きく2種類があります。屋外に埋葬される場合と、納骨堂などの施設内に祀られる場合です。
納骨堂の場合、施設内のバリアフリーや設備が充実しているところもありますので、遺族が高齢の場合はそのような場所を検討することもお薦めします。

Girls Channelについて知りたいならこのサイトです。

埋葬は基本的に、他の人と一緒に並べられる、合祀の形をとります。


一般のお墓と異なる点は、この他に、墓石建立の必要がないこと、事前に一式料金を支払えば以後の費用は必要ないこと、過去の宗旨・宗派が問われないこと、などがあります。

費用や供養の方法は、お寺により異なりますので、事前の確認が必要です。



遺族が引っ越すなどで、一般のお墓から永代供養墓に改葬することも可能です。

その際は墓地管理者や寺院、市区町村への手続きが求められます。



現代社会に合った形のお墓、永代供養墓ですが、これまで述べたような特徴があります。
ご自身やご家族が納得した葬送にするためには、事前にご家族やお寺とよく話し合い、合意をすることが大切です。

NPO法人や葬儀会社によっては、お墓の相談を受けてくれるところもありますので、そのような場所で相談し、比較検討することもお薦めです。